自分が印象に強いのは、真っ黒に塗られた背景ですね。 こういう、背景を描かないってのは日本の影響みたいに言われますが、この絵に関してはそういうの聞かないですね。 ということは、ダビッドは日本の絵に興味なかったのかな? だとしたら、なんで背景を真っ黒にしたんだろう? 西洋絵画では珍しいですからね。 しかもこの黒塗りの背景、絵の上半分を占めるんですよ。 マラーの死んだところと同じくらいのスペースを、黒が占めるわけですよ。 でも自分みたいに、この黒に強烈な印象を感じる人もいるだろうから、そういう劇的効果を高める、みたいな狙いだったのかな? …で。 「マラーの死」、出てたんですが、キャプションに。 「ベルギー王立美術館」って書いてある。 いやいや、それは違う!!! それによると、横浜美術館のルーブル美術館展は2005年。 そんなもんだなぁ~、もう13年も前なのか。 で、出会い系サイトの記事を読んでると。